水 晶 振 動 子 を 体 感 し て み よ う!


お馴染みの水晶発振子も周波数が低くな れば、発振子から振動音が聞こえてきます。
振動が実感出来る素材なのですが、入手するのはなかなか難しいのです。
数十年前の素材なので、今ではコレクターとかマニアが持っているくらいです。
周波数が低い物は、水晶振動子とも呼ばれていました。

このページ は、ガラス管に入った水晶発振子( 振動子 )の音を聴いてみようとする試みが中心です。
パソコンや産業機器に使用されている水晶( 発振子・発振器 )は周波数が高くて振動音を聴く事は出来ません。

20KHz以下になると、水晶発振子に耳を近づければ 聞こえてきます!
子供は高い音まで聴く事が出来ますが、年を重ねるにつれて高い音を聴く事が難しくなります。
数kHz台なら、多くの人が聴く事が出来ると思います。
発振回路の電源を切っても、しばらくの間は音が聞こえるのも驚きです。



W A N T E D !  探しています!
ガラス管に入っている440Hz   880Hzの水晶振動子



ロシア製 4000Hz
控えめな音がします。
電源電圧: DC5V 50mA



英国 GEC製 10Kc/s
力強い音がします。
電 源電圧:DC5V 50mA


振動音が体感出来る、いろんな発振子( 振動子 )

ロシア製・日本製・アメリカ製・イギリス製があります。

1000Hz / 1600Hz / 1818.18
Hz / 1933.33Hz / 2400Hz / 2777.8Hz / 3000Hz

3200
Hz / 4032Hz / 4700Hz / 5000Hz / 5400Hz / 6000Hz / 6100Hz / 6250Hz

6600
Hz / 7917Hz / 8000Hz / 8087Hz / 8333Hz / 10kHzなど・・・




こちらは、手で触れるとブルブルと振動が伝わって来ます。
FREQUENCY STANDARD( 周波数標準器 )  左:400CYCLES  右:244CYCLES




表紙に戻る