mizuho-lab.comの測定機材 このページに記載している機材は販売品ではありません。


★ プレシジョンLCRメーター ★  業界標準機を使用して、測定の信頼性を高める様にしています。


HP( 現、Agilent Technologies ) 4285A 75kHz - 30MHz


Agilent E4980A 20Hz - 2MHz  2MHzまでの標準器として使用しています。
 テストフィクスチャーは数種類あり。

エヌエフ回路設計ブロック ZM2376 1mHz - 5.5MHz 2014年・新製品を導入しました。


HIOKI    IM3536    4Hz - 8MHz   2022年1月より     小容量RFCを10kHz-8MHzまで10kHzステップで測定してみました。

当初、10MHz 特注仕様を予定し、見積依頼をしたら50%増しだったので通常の8MHz版に変更 
テストフィクスチャ 9262
テストフィクスチャ 9261-10
4端子プローブ L2000  2022年2月より
ピンセットプローブ L2001
※SMD用フィクスチャー、DCバイアスは必要に応じAgilent製を使用



テストフィクスチャの違い   HP/AGILENT/KEYSIGHT製とHIOKI製の違い
DUT接続時に片側ずつ固定できるか、両側を1つのつまみで固定するかの違いですが・・・
コイルの細い線材では両側それぞれを固定できる方が便利です。


使いやすいように、薄い銅板でターミナル端子を半田付け


これで片側ずつ接続が出来る様になりました。 
エヌエフ回路設計ブロック製のテストフィクスチャもつまみが1つなので、使いづらいです。


側面から見たところ


SANWA  LCR700   100Hz/120Hz/1kHz/10kHz/100kHz  2022年7月より
   SMDクリップリード:CL-700SMD
   光リンクUSB通信ユニット:LCR-USB

製品ページ
https://www.sanwa-meter.co.jp/japan/products/lcr/lcr700.html

専用ACアダプター
https://www.sanwa-meter.co.jp/japan/products/accessory-fuse/ad_30_2.html
※ACアダプターのカタログに記載されている仕様は間違っています。
 出力:12V 0.5mAとなっています。 実機で電流を測ると10mA流れます。
 ACアダプターの定格は12V 0.5Aが正解です。
 純正品以外を使う場合の注意点
 12V 0.5AのACアダプターが最適 ※但し、スイッチング形式の安定化された物。
 プラグは、外径5.5Φ 内径2.1Φ 通常の長さでは無く、13mm程度ある長いタイプを使うこと。
 極性は外側がプラス 芯線側がマイナスに注意!



★ Qメーター


DELICA 661 0.75 - 100MHz

★ モニター用受信機( らじお ) ★ 

      主にVLF/LF/中波放送隊の受信なので、電源系はトランスを使用したシリーズ方式を使っています。



往年のAORレシーバー 7台 全て動作品です。
一番上:AR7030Plus
下から3段目:左/AR7030( ノッチ&ノイズブランカ基板内蔵 ) 右/AR7030
下から2段目:左/AR5000+3 コリンズ・フィルター3本内蔵 右/AR5000Aヨーロッパ仕様→日本仕様に変更 
コリンズ・フィルター3本内蔵
下:左/AR3030 右/AR3030AIRバンド・コンバーター内蔵

ALINCO DX-R8 150kHz - 35MHz
ICOM   IC-R8600  10kHz - 3000MHz
ICOM   IC-705  30kHz - エアバンド


左:TECSUN S-2000 通信型受信機     右:PL-880 話題になっているらしいBCLラジオ・・感度は良いです。


microtelecom PERSEUS( 10kHz - 40MHz ) + FMコンバーター FM+ 76 - 90MHz 国内仕様( 国内未発売品 )
ミズホ通信研究所 コンバーター  76 - 108MHz / 118 - 136MHz

ELAD    FDM-S1 SDR ( 10kHz - 30MHz ) 
ELAD    FDM-S3    SDR(9kHz - 108MHz )

Kiwi SDR   10kHz - 30MHz

SDR用ソフトは、純正ソフトの他にSTUDI01,HDSDRを使用しています。


ハンディ受信機
ICOM IC-R6 100kHz - 1300MHz  
●ICOM   IC-RX7
AOR ARmini 100kHz - 1299.995MHz  
AOR AR8200  530kHz - 2040MHz


AOR AR8200mk3  100kHz - 3000MHz ICOM IC-RX7 150kHz - 1300MHz


★ フィルター類 ★  

Krohn Hite 3103A 30Hz - 3MHz 連続可変バンド・パス・フィルター
NF 3628 1Hz - 1.59MHz 2ch プログラマブル・フィルター
他、ALLEN AVIONICS製LPF


★ オシロスコープ ★  



レクロイ Wave Runner 6050 DC - 500MHz 4現象   画面は、フェルトの繊維をオシロで取り込んだところ 
    
このオシロスコープで、インターネット接続、AM / FMラジオ、iTunes、OpenOfficeなどが利用できます。


★ 信号源 ★
Panasonic VP-8254A  200 〜1999.99kHz AMステレオ標準信号発生器


Panasonic VP-8131A 10kHz - 280MHz AM / FM標準信号発生器


★ 周波数カウンター ★
アンリツ MF1604A  0.1mHz - 3GHz 10桁
Agilent 53131A 225MHz 10桁

★ 周波数標準器 ★

Freqtime FT-001S e-trace専用GPS受信機 10MHz 常時-13乗台をキープしています。
          つくば・産業技術総合研究所にある周波数国家標準に常時同期させているため、正確無比です。



ARBITER SYSTEMS 1083B GPS周波数標準器 1MHz / 5MHz / 10MHz 確度1E12 周波数測定オプション付き 予備機
左のコネクターに1MHz / 5MHz / 10MHzを入力して、周波数確度が測定できます。




日本通信機 7572B 40kHz / 60kHz JJY同期受信機 ルビジウム発振器内蔵  JJY受信バー・アンテナのテスト用
      これが本物のJJY電波時計です。


★ 標準アンテナ / 受信テスト用アンテナ ★


目黒 MLA-1001B 100kHz - 30MHz テスト用ループ・アンテナ
EM EM-6876 9kHz - 30MHz アクティブ ループ・アンテナ
EM RVA-30  9kHz - 30MHz アクティブ モノポール・アンテナ
LF用フェライト・アンテナ 700Hz - 70kHz フェライトの長さ:381mm
VLF用フェライト・アンテナ 10kHz - 50kHz フェライトの長さ:533mm
LF Engineering H-900A 10kHz - 60MHz アクティブ・アンテナ
LF Engineering L-400B 10kHz - 530kHz アクティブ・アンテナ
INOVONICS A-ANT 中波用アクティブ・アンテナ 非同調式 2台
ミズホ通信 UZ-77  ウルトラ・ループ・アンテナ 2台 
ミズホ通信 UZ-8DX ウルトラ・ループ・アンテナ  3台 



受信アンテナ調整用( DDS発振器に接続 )に同調式の送信アンテナ

★ アンテナ・チューナー ★ 

クラニシ NT-616 1.8 - 50MHz
GLOBAL AT-2000 0.5 - 30MHz( ミズホ通信 海外向けOEM )

★ アンプ類 ★
NF  5610 10Hz - 100kHz ロックイン・アンプ
SRS   SR560  1Hz - 1MHz 2ch ローノイズ・アンプ

★ 実験用電源 ★
KENWOOD PW18-1.8Q 3出力・直流安定化電源 0 〜 -6V 1A / 0 〜 +8V 2A / ±18V 1.8A
Agilent 6612C 直流安定化電源 0 〜 +20V / 0 〜 2A  3台

★ マルチメーター ★
Agilent 34401A 6.5桁

★ スペクトラム・アナライザー ★
RIGOL DSA-815TG 1.5GHz トラッキング・ジェネレーター内蔵
●OWON  XSA815TG     1.5GHz
 トラッキング・ジェネレーター内蔵


アドバンテスト R3477 9kHz - 13.5GHz シグナル・アナライザー  画像は、アドバンテスト社カタログより
 10MHz ルビジウム発振器 + トラッキング・ジェネレータ内蔵
アンリツ MS2723B 9kHz - 13.2GHz

★ ネットワーク・アナライザー ★

AGILENT   8714ES 300kHz - 3GHz

お知らせ:ここに記載している測定機材は販売用ではなく、主にミズホ通信研究所で使用する自家用です。
それぞれの詳細な仕様を知りたい方は、検索して調べて下さい。


表紙に戻る