Mizuho Communications Laboratory


 
中波ラジオの感度改善に一家に1本いかがでしょうか?
Magical Stick Ace(エース)
基本構造・部品などは従来のMagical Stick2とほぼ同じです。
文中でMagical Stick2の資料を使用していますが、Magical Stick Aceと置き換えてください。

一次コイルは0.04mm X 100本のリッツ線を採用します。
Q値は500kHzでは350 - 400前後あります。

2016年2月16日のお知らせ
Magical Stick Aceに使用している200 X 10mmフェライト・ロッドが枯渇しました。
今後は180 X 10mmフェライト・ロッドに変更します。

受注製作品なので、打ち合わせ&入金確認後に製作を開始します。
事前の打ち合わせ無しに来店されても、在庫は無く購入出来ません。
打ち合わせ無しの来店時には、代金前払いで後日来店時に受け取り または 発送になります。




1本、1本手造りの為、メーカー製に比べると仕上がりが劣ります。
そこが手造りの良さとご理解頂ければ幸いです。


中 波 ラ ジ オ 専 用 で す 。

小さなラジオの中には、小さなフェライトを使用したバー・アンテナが入っています。
バー・アンテナが小さいために感度が今ひとつ良くないラジオがあれば、Magical Stick エースをお勧めします。

Magical Stick エースの中身は、180 X 10mmのバー・アンテナとポリ・バリコンが入っています。
コイル部分にはリッツ線を使用して、高いQ値を得ています。
外部出力( RCAジャック )を設けています。 別売りのRCAケーブルを使用して、ラジオと結合させてください。
アンテナ端子がある受信機には、直接または変換アダプターを介して使用できます。

あとは放送が良く聞こえるように、ゆっくりとダイアルを廻すだけです。
簡単な物ですが、効果は抜群です。

周波数範囲:中波帯の520 -1800kHz程度をカバーします。
上限周波数にばらつきが有りますが、2500kHz付近までは同調します。
アンプは内蔵していないので、電源は必要ありません。

ごろごろと転がらないように、60 X 300mmの木製台座に取り付けてあります。
滑り止め用のゴム足が4つ付属しています。

Magical Stick エース 出力:RCAジャック ¥6,000 送料は含まれていません。
Magical Stick エース 出力:BNCジャック ¥6,500 送料は含まれていません。

下限周波数は520kHzを想定しています。
520kHz以下の周波数にも対応出来ますが、追加料金が発生します。
例:475kHzに同調対応 同調のピークが確認出来る様にする為、下限は460kHz近辺に想定
追加料金 ¥1,200

受注製作品なので、打ち合わせ&入金確認後に製作を開始します。
事前の打ち合わせ無しに来店されても、在庫は無く購入出来ません。
打ち合わせ無しの来店時には、代金前払いで後日来店時に受け取り または 発送になります。


ゴム足は付属していますが、取り付けていません。
別売り:RCAケーブル( 長さ1.5m ビニール線1m )¥500
長いケーブルをご希望の方は、事前にお知らせ下さい。
2.5m ¥600  5m ¥700になります。
注:アンプを使用していないため、ケーブルを長くすると同調時のシャープさが目立たなくなります。


受信機を使用する場合は、直接受信機側のコネクターに接続します。
別売りで、RCAオス / BNCメス 変換アダプター ¥300 もあります。

決まった1つの放送局しか聴かないと言う、ヘビー・リスナーさんには・・・
同調周波数を固定したMagical Stick Slim( スリム )もあります。
詳しくは、
こちらのページをご覧ください。



1099kHzでの同調特性です。







使 い 方


RCAジャックに別売りのケーブルを接続してラジオに使用した例
ラジオ内部のバー・アンテナの位置が縦、横それぞれ違う場合がありますから、縦方向と横方向に
ビニール線を巻き付けて良く聞こえる位置を探して下さい。


ミズホ通信 高田さんに書いて頂いた活用メモです。


Magical Stick 2 と AOR LA390ループ・アンテナ UZ-77 UZ-8DX( 回転式バー・アンテナ )の
感度比較をしました。  下記ページの一番下に記載しています。

http://bar-antenna.com/hikaku/hikaku.html

アツデン製 ALA-10 / ALA-60A 中波帯ループ・アンテナをお持ちの方には、こんな使用例もあります。



アンプ部分をMagical Stick Aceに接続します。  同調式の良さが、確認できると思います。
お持ちの方は、是非一度お試し下さい。



ALA-10 / ALA-60A アンプ部分の周波数特性  入・出力に50Ωで直接接続しています。
周波数:100kHz - 5MHz   入力レベル:-30dB
本来は中波帯用ですが、100kHzから5MHz程度まで使えます。
ゲインは10dB程度取れるので、感度不足を少し補うには良いと思います。



使 用 上 の 注 意 事 項
内部に使用しているフェライト・ロッドは衝撃に弱い素材です。
周りに緩衝材を巻いて保護していますが、堅い床などに落下させた場合
割れてしまう確率が高いです。 取り扱いには、充分ご注意下さい。
割れてしまった場合は、修理が出来ませんのでご了承下さい。

Magical Stickエースの外部出力にRCAジャックを取り付ける際、堅めのジャックを抜く場合のご注意!
RCAジャック取り付け板を持って、真っ直ぐに抜いて下さい。
廻しながら抜くと、取り付け板の接着面が取れてしまいますからご注意下さい。



よくある質問
Magical Stick エースはアンプを内蔵していません。
大きめのバー・アンテナを採用し、電波を効率よく拾っているだけなのです。
部屋にあるラジオで何も聞こえないが、Magical Stick エースを使うと聞こえるのか?
これが一番多い質問です。

答え:何も聞こえない場所でMagical Stick エースを使っても聞こえる事はありません。

通信型受信機で使用する場合に、RCAジャックから BNC型コネクターに変更するにはどうしたら良いの?
RCAプラグ/BNCメス 変換アダプター  同時購入の場合のみ ¥300  送料は不要です。 
変換アダプターはBNCメスのみ扱っています。 他のコネクターについては、他店でお願いします。
現在、マイクロ・パワー研究所 秋葉原店のみの取り扱いです。
ご来店される前に、在庫状況をメールでお問い合わせ下さい。

効率よく受信する基本はMagical Stick エースを窓際( 外の風景が見える )に置き、接続ケーブルをラジオまで延ばします。
ラジオとMagical Stick エースを同調させ、Magical Stick エースの向きを変えて、よく聞こえる場所に置きます。
ラジオを窓際に持っていくのが一番ですが、窓からラジオまで距離がある場所で使う場合は効果的です。
遠距離放送を受信する目的ではないので、遠くの局を聞きたい場合はミズホ通信 UZ-77sなどアンプ内蔵の機種をご検討下さい。
Magical Stick エースはアンプを使用していないので、S/Nは良いアンテナです。



Magical Stick2を購入された方からの報告メールです。

秋田県のTさんから Magical Stick2( SMA型オス・コネクター )を購入頂きました。

さっそくIC-R6で使用しました。 つまみをまわして調整すると、すぱっと切れる感じで
Sメーターがぐんぐん振れて受信できます。
ニッポン放送はもちろん、文化放送、毎日放送等良く聞こえます。



Magical Stick Giant 試作品



少し長いフェライト・ロッド( 685.8 X 25.4mm 重さ:1306グラム )を採用したMagical Stick Giantです。
ラジオを近づけるか、結合コイルを巻いてラジオ( 通信型受信機・ハンディ受信機など )に接続します。
同調周波数は520 - 1800kHz( 実質3MHz程度まで )の中波バンドをカバーします。




音声モニター回路として、ゲルマニウム・ラジオとしても使えます。



,
持ち運び、移動には肩掛けベルトを使います。

Magical Stick Giantは試作品で販売予定はありません。
ハムフェア2015会場での展示用、全国・電波ホットスポット探検隊のラジオとして使用します。


Magical Stick Big 試作品
180 X 10mmのフェライト・ロッドを10本使用しています。
高感度ゲルマニウム・ラジオにも使えます。
現在、部品セットとして販売計画中です。
バー・アンテナの全長360mm または 540mm
Magical Stickとゲルマニウム・ラジオの切り換え


2015年8月21日 東京ビッグサイトで開催されるハムフェア2015のブース展示の準備が終わり、晴海にある海員会館5Fに宿泊
窓際に置くだけで、ニッポン放送とラジオ日本が大きな音で聞こえました。


室内の壁( 内部が鉄筋 )に近づけても大きな音で聞こえました。



更新日 2016年 7月 5日


表紙に戻る