Microtelecom社 PERSEUS / Elad社 FDM-S1用 周波数コンバーター
ワイドバンドFM放送 エア・バンドが聞けます。


Microtelecom FM+国内版の発売を期待しましたが・・・
製造中止になりました。
この画像は数台製作された76 - 90MHz/国内版・試作品で、秋葉原店のガラス棚に展示している事もあります。

そこで、FM+の代替ワイドバンドFM対応コンバーターを用意しました。

 
ワイドバンドFM対応コンバーター エア・バンド用コンバーターも同じケースです。
電源スイッチはOFF( 下側 )でスルー状態に、ON( 上側 )でコンバーターが動作します。
10kHz - 30MHz用のアンテナも、FM用アンテナもFM - INに接続します。

このコンバーターを使用するには、コントロール・ソフトが必要です。

PERSEUSで使用する場合は・・・・
PERSEUS専用コントロール・ソフトには、外部ダウン・コンバーターのモードがありますが、
ライセンスを別途32.5ユーロで購入する必要があります。
Microtelecom社 FM+の専用ソフトで設定無しでそのまま使用出来るのは、以下のコンバーターだけです。
FM+ v1.1a ( 8 August 2015 )
87.5 - 108MHz ワイドバンドFM放送対応コンバーター

新しいソフト STUDIO1には、ダウン・コンバーターを使うための周波数オフセット機能があります。
STUDIO1はイタリア現地価格で2万円程度です。

STUDIO1が無く、専用ソフトのライセンス購入をしない場合は・・・
フリー・ソフトのHDSDRには、ダウン・コンバーターを使うための周波数オフセット機能があります。
HDSDRのURL http://www.hdsdr.de/  ここから最新バージョンをダウンロードしてください。

Elad社  FDM-S1で使用する場合は・・・
専用ソフトの設定例は、一番下に記載しています。


いずれかのソフトを選ぶことにより、周波数コンバーターを使用できます。
周波数オフセット機能については、各ソフトのマニュアルを熟読・理解してください。

注:他社製SDRの場合は、受信できる周波数範囲とソフトに周波数オフセット機能がある事を確認してください。

いずれもDC8 - 12Vで動作します。  トランス式ACアダプター( DC9V 0.3A )が添付されます。

HDSDRで実際に使用した例は、一番最後に掲載してあります。


76 - 108MHz ワイドバンドFM放送対応コンバーター

2015年 FM補完中継局用に、90.1 - 94.9MHzまで割り当てられています。

TBS / 90.5MHz  文化放送 / 91.6MHz  ニッポン放送 / 93.0MHz
東京以外の地区でも続々補完放送が始まっています、

国内バンド( 76 - 90MHz )だけでなく、108MHzまで受信可能です。
Eスポになれば、海外のFM放送が楽しめると思います。

ワイドバンドFM放送帯BPF内蔵
周波数オフセット機能を使い、IF周波数は6 - 38MHzの範囲内に設定しています。
PERSEUSの受信上限周波数は、40MHzになっています。

HDSDR,FDM-S1用のソフト設定例は、一番下に記載しています。
参考にしてください。


87.5 - 108MHz ワイドバンドFM放送対応コンバーター
新しく始まった、FM補完放送帯をカバーします。


PERSEUS専用ソフトが使用出来ます!
下記URLから、FM+のソフトをダウンロードしてください。 無料です。

http://microtelecom.it/perseus/software.html

下の方にある OTHER SOFTWARE  FM+ Software v1.1a (8 August 2015 - 2.5 MB .zip file)
このバージョンから、ソフトを使用する時のレジストレーション( 登録 )が不要になりました。
FM補完放送帯を中心に聴きたい人向けに最適です。
他のフリーソフトと違い外部ローカル周波数の設定等をしなくても、すぐに使用出来ます。
Microtelecom FM+と同じ周波数構成にする事で、上記ソフトが使える様になりました。
但し、従来のFM放送帯( 76 - 90MHz )はカバー出来ません。
87.5 - 108MHzだけのワイドFM対応になってしまいます。





I N T E R  F M 89.7MHzを受信した様子





T B S - F M  90.5MHzを受信した様子






文 化 放 送 - F M  91.6MHzを受信した様子




ニ ッ ポ ン 放 送 - F M  93.0MHzを受信した様子


118 - 138MHz エア・バンド用コンバーター

ソフトの設定は、以下の様になります。
ソフト上で周波数オフセット周波数を設定します。 オフセット周波数:110MHz( 110000000Hz )を入力
周波数オフセット機能を使い、IF周波数は8 - 28MHzの範囲内に設定しています。
外観は、ワイドバンドFMコンバーターと同じです。


販 売 価 格

下記3種類のコンバーターには、トランス式のACアダプター( DC9V 0.3A )が添付されます。
( FMアンテナ端子は、BNC型メス または F型メスを指定してください。)

● 76 - 108MHz ワイドバンドFM放送帯用  ¥35,000 送料別

87.5 - 108MHz FM補完放送対応コンバーター ¥35,000 送料別

● 118 - 136MHz エア・バンド用 ¥34,000 送料別

トランス式ACアダプター( DC9V 0.3A )が添付されます。
エア・バンド用は入力側にバンド・パス・フィルターは内蔵していません。
その為、¥1,000安く設定しています。
必要な場合は、別売りのAOR ABF128を外付けで接続してください。

別売りAOR ABF128 エア・バンド用バンド・パス・フィルター ¥4,200 同時発送の場合は送料不要

1台毎に、入金確認後に製作を開始します。
納期は約7 - 10日を見込んでください。
部品が無くなった場合は、3週間ほど掛かる場合があります。

特典:
過去に当店からPERSEUS受信機をお買い上げ頂いた方には、上記コンバーターを¥2,000を割引き致します。

Microtelecom社 PERSEUS受信機 + FMワイド・コンバーターの組み合わせ価格
¥125,000 + ¥35,000 - ¥2,000値引き = ¥158,000 送料込み
 
PERSEUS + エア・バンド用コンバーターの組み合わせ  
¥124,000 + ¥34,000 - ¥2,000値引き = ¥156,000 送料込み

PERSEUS受信機は代理店であるエーオーアール(株)さんに在庫がない場合は、次回入荷分まで
お待ちいただく事になります。
また、為替相場の変動により価格改定があった場合は、販売価格を変更させて頂きます。



H D S D R の 設 定 参 考 例
ソフトに関してのサポートは出来ませんので、各ソフトの説明書をご覧ください。

こちらで最新版をダウンロードしてください。  http://www.hdsdr.de/  無料ソフトです。


1,PERSEUSのドライバーをあらかじめHDSDRのフォルダにインストールしておく。

2,HDSDRを立ち上げ、PERSEUSドライバー( DLLファイル )を指定する。
 サンプリングは、1MS/s または 2MS/sにする。

3,OPTION(F7)コマンドでRF FRONTEND + CALIBRATIONを指定


オフセット周波数:70MHz( 70000000Hz )を入力します。

4,BANDWIDTH(F6)コマンドでサンプリング・レートが192000Hz(192kHz)になっているかを確認



5,受信周波数を入力します。




以下は、STUDIO1を使用して受信した例です。






Elad FDM-S1 専用ソフトの設定
FDM-S1専用ソフト以外に、STUDIO1 HDSDRでも動作します。




Frequency Shiftを設定します。
ワイドバンドFMは、70000000Hz( 70MHz )    エア・バンドは、110000000Hz( 110MHz )です。




ここも設定を忘れずに。 上記例は、76.0 - 90.0MHzになっています。
ワイドバンドFMは、76.0 - 108.0MHz   エア・バンドは118 - 136MHzにします。



FDM-S1 + ワイドバンドFMコンバーターで受信した例


最終更新日:2016年 12月 13日

戻る