ミズホ通信 UZ-8DX / UZ-8DXs用 ループ・アンテナ互換 回転式バー・アンテナ
UZ-8DX / UZ-8DXsをお持ちの方だけに、改造サービスのご案内

UZ-8DXsは部品の在庫が無くなったため、2012年8月 販売を終了しました。
どうしても入手したい方は、オークションなどで見つけてください。
当店にも在庫はありませんので、お問い合わせはご遠慮ください。
中古市場で探す事はしていません。
また、UZ-8 / UZ-8DXアンプ本体の修理は一部可能です。
アンテナの木枠部分については、修理や交換部品の用意などは出来ません。


ミズホ通信 UZ-8DX / UZ-8DXs用 回転式バー・アンテナ 完成後の様子


ミズホ通信 UZ-8DX ウルトラ・ループは高性能で人気を博しています。 
これで中波帯・遠距離受信を楽しんでいる方も多いと思います。
大きなループで弱い局を捕らえ、シャープな選局で受信できます。
反面、ビル内の事務所やベッドの横に置くには、ループ・アンテナは大きくて・・・と言う悩みをお持ちの方も。
近距離の放送を楽しみたいけれど、ビル内では電波が弱くてうまく受信できない・・・
もう少しコンパクトなアンプがあれば・・・

そこで、バー・アンテナでオリジナルのループ・アンテナに肉迫する性能が得られないかと言う考えを基にスタートしました。

1 8 0  X 1 0mmのフェライト・ロッドを使用し、巻き方に一捻り加えて満足できる結果が得られました。
オリジナルのループ・アンテナ同様に、シャープな同調特性が得られます。 使い方は従来のループ・アンテナと同じです。
長所はプリ・アンプ部を正面に向けたままアンテナを信号が強くなる方向に廻すだけで済む事です。
また、アンプを使用した場合でもノイズ・フロアが低くクリアな音で楽しめます。

オリジナルと同じ中波帯に対応します。 比較的、放送局に近い方にお勧めです。
コンディションが良ければ、意外な遠距離の放送が聞こえるかも分かりません。
窓際か、雨が降っていなければ屋外で使用すれば更に感度良く受信が出来ます。
遠距離を楽しむ場合はオリジナルのループ・アンテナで、近距離の放送はバー・アンテナという使い方がお勧めです。

重要なお知らせ:
ノイズが多い環境では、オリジナルのループ・アンテナと同様にノイズは除去出来ません。
改造後にノイズ問題などでのクレームはお受けできません。



回転式バー・アンテナにするには、以下の2通りの方法があります。


●穴開け加工と半田付けが出来る方は・・・部品セットをご購入下さい。

回転式バー・アンテナを使用するには、ケース中央に9.0mmの丸穴を開ける加工が必要になります。


穴開け加工をして、6.3mmジャックを取り付けます。
あとはアンテナ端子へ配線するだけです。 アンテナ端子2,3番もジャンパ線で半田付けします。
アンテナ取り付けターミナルの2番と3番をリード線でジャンパしてください。



180 X 10mmのフェライト・ロッドを使用しています。  完成品なので、面倒なコイル巻き作業は不要です。
コイル巻き線は、高いQ値が期待できるリ
ッツ線を採用しています。
重さ:約150グラム 

●穴開け加工・半田付けが出来る方には、バー・アンテナ( 完成品 )と配線材料を販売します。
上の画像が、その内容になります。
この場合は、必ずメールで連絡後に代金
6,800 送料込みを下記・手順の3にお振り込みください。
入金確認後、バー・アンテナ( 配線材料を含む )をお送りします。
秋葉原店・店頭価格は、
6,000です。 発送は800の送料を頂きます。

●穴開け加工と半田付けが出来ない方は、以下の手順でお申し込み下さい。

完成品価格
7,800 日本国内の送料を含んでいます。  
1台毎の手造りのため、納期を2 - 5日頂きますのでご了承下さい。

改造サービスをご希望の方は、まず info@mpl.jp でお知らせ下さい。
その後で、以下の手順でお申し込み下さい。

1,プリ・アンプ部については、動作している物に限ります。 アンプ部の修理は出来ません。
 また、このアンテナ以外の改造サービスは行っていません。

2,アンプ本体のみ( ACアダプターなどの付属品・説明書は送らないで下さい。)を壊れない様に梱包し、
 ゆうパック または 宅配便でお送り下さい。 送料は元払いでお願いします。
 または、秋葉原店へお持ち込み頂いても構いません。
 持ち込みの場合、その場で作業が出来ませんのでご了承下さい。

 
101-0021 東京都千代田区外神田1-10-11東京ラジオデパート1F
       マイクロ・パワー研究所 担当 高橋
       TEL / FAX 03-3255-8018

3,回転式バー・アンテナと改造費用 
7,800 を下記にお振り込み下さい。
 
注:ゆうパック・宅配便に現金は同封できません。 必ず振り込みをご利用下さい。
 
みずほ銀行 中野北口支店 普通 978822 マイクロ・パワー研究所(ケンキュウショ)

4,入金確認が出来た時点で作業を開始します。 完成後、2 - 3日で発送します。



オリジナルのループ・アンテナと回転式バー・アンテナの受信感度比較をしてみました。
アンプ動作時のゲインが、従来品より10dB程度増えました。


テストをしたアンテナと信号源・スペアナなど

東京都文京区湯島のビル内において、テストしました。 
アンテナの位置は信号源のアンテナから同じ場所に設置しています。 
UZ-8DXのアンプを動作させた時と、動作させないアンテナだけの状態のデータを取っています。

テストに使用した機材は、以下の通りです。
信号源 Panasonic VP-8131A 10kHz - 280MHz AM / FM標準信号発生器
標準アンテナ 目黒 MLA-1001B 100kHz - 30MHz テスト用ループ・アンテナ
ROHDE SCHWARZ FSH3 100kHz - 3GHz スペクトラム・アナライザー

感度差は、互いの測定値を引き算する事で求められます。 測定値の単位:dBm

dBm表示をSメーターに換算すると、以下の様になります。 
S9 = -72dBm S9 +10dB = -62dBm S9 + 20dB = -52dBm S9 +30dB = -42dBm

周波数( kHz )

ウルトラ・ループ

アンプ非動作時

回転式バー・アンテナ

アンプ非動作時

ウルトラ・ループ

アンプ動作時

回転式バー・アンテナ

アンプ動作時

AOR LA390

常時アンプ動作

550

-63.9

-78.3

-34.9

-55.4

-48.9

900

-62.3

-77.6

-27.9

-48.7

-45.9

1250

-60.5

-76.5

-23.1

-47.5

-42.6

1600

-68.7

-78.6

-46.3

-51.0

-40.1



参考として、AOR LA390 ループ・アンテナのデータも載せておきます。
LA390は20dBのアンプが常時入っているので、アンテナ部分だけを切り離して使用できません。

考察:ウルトラ・ループと比較して20dB程度の差がありますが、適切な評価ではないかと思います。
   現在は、2次側コイルを増やして感度向上を図っています。 差は10dB近く向上しています。



表紙に戻る